市販の水素水を飲んで健康的な生活になった

私が水素水に注目したのは、何となく体がだるく、長く摂取できる健康食品が欲しいなと考えたからです。体内で過剰に作られた良くない物質を水素水の水素が緩和してくれると聞いて、さっそく近所のドラッグストアで探しました。すると、厳重に封入されたオシャレなデザインの水素水が、いくつも並んでいたのです。
店員のおすすめを購入してから帰宅した後に、とりあえず飲もうとしたらアルミパウチで、飲み口すらありませんでした。しかし、そのおかげで内部の水素が外に流出せずに守られていて、しっかりと楽しめたのです。
飲み口はそれほど癖がなく、これなら定期的に水と同じ感覚で飲めると思いました。何となく健康に良いことをした気になり、水素水を数日に1回ぐらいのサイクルで飲むことで安心して生活できるようになりました。定期的に水を飲むことが習慣づいたため、脱水症状でだるくなる回数も減って、快適な毎日になっています。
含まれている物質が健康に配慮されていることはもちろん、世間で話題になっている健康食品をちゃんと摂取しているという自信も、大きなメリットです。家族や友人にも自慢できますし、他にも水素水を買っている人はけっこういます。
基本的には水なので、水素が封入されていると言っても、そこまで気にすることはありませんでした。どうやら水素はかなり小さい物質で、ドラッグストアの店員からは原則的にペットボトルよりもアルミで保護されたパッケージの方が多くなっていると説明を受けました。
デメリットは、やはりお金がかかることです。1回あたり400円ぐらいなので、さすがに毎日というわけにはいきません。市販の水素水をたっぷりと飲みたいところですが、毎月の家計に支障が出ない程度にとどめています。それから、水素が多く含まれているという性質上、開封してからすぐに飲み切らないと逃げていってしまう点にも注意しなければいけません。せっかく高いお金を払って買ったのだからと慌てて飲むしかなく、もうちょっと落ち着いて飲めたら完璧だったのにと感じています。