水素水と健康の関係とは

インターネットなどで話題となっている水素水。水素水とは文字通り、水素分子が溶解した水のことです。しかし、水素水については、公的な定義というものが存在しません。つまり、水に溶解している水素の含有量はどれ位かという明確な基準はないし、製造方法も決まった基準がないのです。そのため、ドラッグストアなどで見かける水素水は、濃度や製造方法がバラバラであり、各メーカーで独自の商品を販売しています。
このような水素水が何故注目されているかといえば、美容や健康に効果があるのではないかと期待されているからです。水素水について述べる上で欠かせないキーワードに活性酸素があります。活性酸素とは、非常に反応性が高い酸素分子のことです。体内にある脂質と活性酸素が結合することによって、有害な過酸化脂質が生成されてしまいます。体内に活性酸素が増えすぎてしまうと、有害な物質が蓄積され、それが老化や病気をもたらすことになるのです。活性酸素が増える原因としては、精神的なストレスや食生活の乱れや喫煙などが挙げられます。これらは酸化ストレスともいわれていて、これが長く続くことで活性酸素が蓄積されます。ただし、本来活性酸素というのは、体内に侵入したウイルスや細菌などの異物から身体を守ってくれる働きを持っています。つまり活性酸素そのものが悪者ではなく、過剰に増えすぎてしまうことが問題であることを知っておくと良いです。
過剰に増えすぎた活性酸素を除去するために注目されているのが水素水なのです。これはマウスを使った実験によって、活性酸素と水素水の関係が分かってきました。実験ではマウスに水素水を投与すると、脳内の活性酸素量が低下したデータが得られたというのです。一連の実験データより、水素水に含まれる水素が活性酸素と結合することで、活性酸素の反応性が低下し無害化されるのではないかと考察されています。活性酸素が無害化されれば、心臓血管系の病気などを予防できるのではないかと期待されています。さらに活性酸素は老化にも関わっているので、水素水は美容にも良い効果が出るのではないかといわれています。